専用工具が必要となる

スピーディーな安心作業

空調

引っ越しの際、エアコンの取り外しを行わなければならないこともあります。また、リフォームなどで壁紙を変える際も、エアコンは取り外ししなければなりません。少しでも費用を浮かせようと、自分でエアコンを取り外しする人は少なくありませんが、実はリスクも伴うことを覚えておいた方がいいでしょう。一般的な工具一式があれば、誰でも簡単に取り外しができそうな気がしますが、再び使用するつもりであれば、真空ポンプやフレアーツールなどの専用工具が別に必要となります。これらの専用工具がないと、取り外しの際に中のガスが抜けてしまい、再度取り付けを行ったとしても効きが悪くなってしまいます。その場合は、新たにガスを注入する必要があり、費用が余分にかかってしまうことになります。しかし、エアコンの取り外し作業はそう何度も行うことはないため、それだけのために専用工具を購入するのは無駄とも言えます。また、エアコン本体は部屋の天井近くに取り付けられており、慣れている人でないと落下させたりすることも多く、破損の原因にもなることが多いのです。室外機と室内機の両方を確実に取り外していく作業は、思っているより大変で、時間と労力を要します。一家に何台ものエアコンがある場合、自分で行う作業では一日で終わらないこともあるでしょう。専門の業者に依頼することで、スムーズに作業が進み、複数台であっても1日で終わらせることが可能です。料金はかかりますが、引っ越しの際に一緒に依頼をしたり、取り付けと取り外しをセットで行ったりすることで、費用を安価に抑えることも出来ます。安心して行うためにも、エアコン取り外しは業者へ依頼するといいでしょう。

ポンプダウンが必要

エアコン

エアコンの取り外しは正しい知識と作業道具があれば意外と簡単なものです。最初に道具はレンチやニッパ、プラスドライバー、カッターナイフ、ガムテーム、軍手などを用意します。道具がそろったら作業に入ります。まずは室外機のカバーを取って六角ナットのバルブを外します。その後エアコンの強制冷房運転を開始します。これはポンプダウンという作業で、パイプとエアコン内部のフロンガスを室外機に送るために必要です。この作業を完全に行わないとフロンガスが空気中に漏れ出し大気汚染の原因となってしまいます。エアコンの強制冷房運転は通常の可動操作とは違います。メーカーによって作業方法が違うので取扱説明書などで確認することが大切です。強制冷房運転を開始したら室外機の送り側バルブを閉めます。これによりフロンガスが逆流するのを防ぎます。数分程度可動させたら室外機の受け側バルブも閉めてフロンガスを室外機に閉じ込めます。その後エアコンの運転を停止し、コンセントを抜きます。そして室外機の取り外した2つのバルブに元通りキャップをして配管を外します。それから電源コードを切断しますが、感電の恐れがあるので必ずコンセントを抜いているか確認することが大切です。外の作業が終わったら室内機の配管を取り外します。取付金具を外してエアコンを撤去します。エアコン取り外しの時は水漏れが起きる場合もあります。そのため事前にビニールシートなどを敷いておくことが必要です。

料金も割安で依頼が可能

作業員

引越しなどの際に頭を悩ませるのがエアコンの取り外しの問題です。引越し業者ではエアコンの取り外しは基本料金外になっていることがほとんどで、エアコンはオプションとして追加費用を払うか、事前に取り外しておく必要があります。そんな時に便利なのがエアコンの取り外しを業者に頼むという方法です。エアコンの取り外し方法は、基本的に付属の説明書に従って取り外しますが、エアコンの知識が無いまま自分で行うと不要な故障を招いてしまったり、冷暖房性能がダウンしてしまう可能性があります。その点、業者へ依頼すると故障の心配はほとんどなく、もし故障したとしても保障がついていることが多いので、万が一自分で取り外してエアコンを再購入することを考えれば、リスクを回避して業者に依頼することはメリットが大きいと言えるでしょう。また、取り外しの際には専用の器具などを用意する必要もあり、設置場所によっては危険な作業も伴うため、忙しい引越のさなかに時間も労力もかかってしまいます。業者に依頼する場合、基本料金が1台につき平均的な相場は5,000円程度となっており、時間も1台30分程度で済みます。引越し業者を経由して依頼するという方法もありますが、自分で業者を比較検討した方が値段も安く済むことが多いので、引越し前に専門業者に依頼してあらかじめ取り外しておくのがお勧めです。業者に依頼する際は、取り外しの際のエアコンの設置状況によって値段が変わる場合があるので、注意しましょう。

仕事の場に使うエアコン

エアコン

大規模な施設には業務用エアコンの方がよい。必要な大きさ、馬力、形などから選ぶと良い。ネットや販売店には一覧表があることが多いが、個別に状況は異なるのでプロに選定してもらった方が確実といえる。複数業者を比較するのもよい。

View Detail

家電を処分するには

業者

エアコンの取り外しは自分で行うと危険なこともあります。そのため業者に頼むほうが安全です。料金は業者によって違ってきます。インターネットの一括サイトなら格安業者を探すことができます。さらに買取してもらえばリサイクル料金も不要です。

View Detail

施設に欠かせない設備

作業員

業務用エアコンは出力や消費電力が大きいことから、飲食店やオフィスなど様々な場所に適しています。場所に合ったタイプがありますので、好みだけでなく適したタイプから選びましょう。取り付けは注文時に依頼できますが、見積りと現地調査も大切です。通常は修理以外にも点検や洗浄依頼に対応しています。

View Detail