施設に欠かせない設備

場所に適したタイプとは

作業員

四季がある日本においては気温の変化が大きいため、特にオフィスや商業施設内ではエアコンが重要な役割を果たします。一般家庭用以外のタイプを業務用エアコンと呼び、特殊な形状であるとともに、モーター出力や消費電力も異なる点が特徴です。部屋の広さや用途によっては一般家庭用でも問題ありませんが、メンテナンスを考慮した場合、業務用エアコンの設置が望ましいでしょう。業務用エアコンの多くはビジネス関連の専門店が取り扱いを行い、注文は通販でも可能となってきています。業務用エアコンの種類は様々ですが、好みよりも設置場所に適したタイプの選定が大切です。例えば、飲食店は調理や混雑によって室温が高くなりなりますので、比較的強力なタイプの選択が望ましいといえます。風の動きも重要なポイントであり、客や料理に直接拭きかかることのないように、天井埋め込みタイプが適しているでしょう。また、厨房用の業務用エアコンも存在し、耐油設計やダクト接続が可能な点も特徴です。ほとんどの業務用エアコンは、大型であったり配線が複雑であったりしますので、セルフの取り付けは避けるべきでしょう。注文先に取り付け工事も依頼できますので、まずは現地調査と見積もりを確実に行う業者から選定します。商業施設における業務用エアコンの故障は、1日営業できない可能性もあることから、迅速な修理がひとつのポイントです。いずれの業者もアフターサービスが強化されており、修理だけでなく保守点検や洗浄も依頼できます。

初期投資費用で決めない

男の人

オフィスでの空調機器の導入は初期投資費用で選ぶべきではなく、ランニングコストやメンテナンス費用、それに耐久年数をトータルで考えて決めなければいけません。さらにフロア全体が心地よい空間となることやお客様を迎え入れる場合には、清潔感や見た目も重要になってきます。家庭用エアコンは本体料金は安く、工事費も安いため、初期投資費用は安くすることができます。しかし、10坪以上のフロアになると冷暖房能力が弱いため、2台設置したとしても設置費用は業務用エアコンよりも安くなりますが、電気料金は2倍になってしまいます。また、もともと業務用エアコンは家庭用エアコンより耐久力があるため、2台家庭用エアコンを入れれば故障確率は更に上がり、エアコンの入れ替えも必要になってきます。業務用エアコンを入れることを決めた時も、設置費用が安いだけで設置してもらう電気工事店を決めないようにしてください。業務用エアコンは長時間使うことを前提に製造されているため丈夫にはできていますが、冷暖房効率を保つためには定期的なメンテナンスが必要です。利用者によるフィルター掃除は基本ですが、内部のチェックは動力電圧を使っているため、素人はするべきではありません。メンテナンス料金も含めて、電気工事店を選ぶようにしてください。業務用エアコンにも冷暖房能力の違いはあるので、機器の選択やレイアウトで最適な提案をしてくれているかをチェックするようにしてください。

省エネで環境に優しい商品

エアコン

業務用エアコンは、家庭用の商品に比べるとパワーが強く、広い場所に設置ができるので、会社などの企業やホテル、飲食店などを経営している人に高い人気があります。口コミで評判の高い会社の業務用エアコンは、省エネタイプで環境に優しい商品が多く、節電効果が期待できます。空調が整っていると、従業員の作業効率も上がるので、高品質で上質な商品を選んで購入することが大切です。業務用エアコンはビルトインタイプや、壁掛けタイプ、天井取り付けタイプなど、豊富な種類が揃っているので、部屋の広さや間取りに合わせた商品を見つけやすくなっています。業務用エアコンは、家庭用の商品に比べるとお値段は高めになっていますが、現代は25万円から、40万円前後で購入できるお店が増えています。地元で評判の高いお店を利用すると、迅速で丁寧な応対が特徴で、希望の日時に本体や室外機の取り付け工事を行っています。購入後のアフターサービスも充実しているので、定期的に点検を行ったり、故障時にもすぐに対応をしてくれます。飲食店やホテル、美容院などを経営している人は、来客に好印象を持ってもらう必要があるので、室内の空調をきちんと整えておく必要があります。専門店では耐久性に優れており、比較的お手入れがしやすい業務用エアコンが販売されているので、安心して購入ができます。豊富な在庫が揃っているため、じっくりと比較してから購入して下さい。安全性に優れており、高品質な商品が揃っています。

仕事の場に使うエアコン

エアコン

大規模な施設には業務用エアコンの方がよい。必要な大きさ、馬力、形などから選ぶと良い。ネットや販売店には一覧表があることが多いが、個別に状況は異なるのでプロに選定してもらった方が確実といえる。複数業者を比較するのもよい。

View Detail

家電を処分するには

業者

エアコンの取り外しは自分で行うと危険なこともあります。そのため業者に頼むほうが安全です。料金は業者によって違ってきます。インターネットの一括サイトなら格安業者を探すことができます。さらに買取してもらえばリサイクル料金も不要です。

View Detail

施設に欠かせない設備

作業員

業務用エアコンは出力や消費電力が大きいことから、飲食店やオフィスなど様々な場所に適しています。場所に合ったタイプがありますので、好みだけでなく適したタイプから選びましょう。取り付けは注文時に依頼できますが、見積りと現地調査も大切です。通常は修理以外にも点検や洗浄依頼に対応しています。

View Detail